インドを遠い国から身近な国へ

無料相談フォーム

インド進出支援プランのご案内

  • インド視察イメージ

    インド進出の第一歩

    現地視察、市場調査プログラム

  • 販路拡大支援イメージ

    インド新規市場開拓、及び

    インド事業拡大支援

  • アドバイザリー契約イメージ

    中期的、長期的にインド
    ビジネスを的確にサポート

なぜインド進出を考える企業が多いのか? いま、インド市場が注目を集める理由

"皆さんは「BRICs」という言葉をご存知でしょうか? これは、2003年の投資家向けレポート『Dreaming with BRICs:The Path to 2050』に初めて登場した言葉で、今後50年の経済成長の著しい新興市場として注目されるBrazil(ブラジル)、Russia(ロシア)、India(インド)、China(中国)の頭文字をつなげたものです。20世紀の経済は日欧米の8億人が世界経済を牽引してきましたが、21世紀に入り、これらの国が台頭し始めました。
中国、インドだけをみても、さらに24億人が今後、世界経済に参入してくると見られています。 グローバル化の進展は確実で、急速な広がりをみせています。
日本では、BRICsのなかでも中国への直接投資が目立っていましたがすでに一段落した感があり、現在、多くの企業が次のターゲットとしてインドに熱い視線を注いでいます。それだけにとどまりません。
 
インドは世界最大の民主主義国家で、人口は中国に次ぎ世界第2位の11億人です。人口構成は典型的な発展途上国型のピラミッド型であり、人口の50%は25歳以下となっています。
口増加率も1.8%と高く、2035年には中国を上回り、2050年には16億人になるといわれています。インドが注目を集める理由として、人口11億人市場の内需への期待、そして中近東などへのハブ拠点として外需に対する期待が挙げられます。また、これからの成長市場として、将来を見込み、先行投資を考える企業もあるでしょう。


"Right now it's where China was at about seven to 10 years back and hence offers great opportunity" - Tim Cook, CEO Apple

"India continues to remain a bright spot in the otherwise bleak global economic forecast" - International Monetary Fund (IMF)

"India is seen as one of the bright spots in the global economic outlook." - Organisation for Economic Cooperation and Development (OECD)


"India can be a China-like global growth powerhouse of 2020s. India is the only country that has the potential to change the world in the 2020s in the way that China changed it in the 2000s. It will probably take a little longer than that before India really takes off but, even so, it is going to be a global growth powerhouse of the 2020s." - Economist Intelligence Unit (owned by The Economist magazine)

"We want to commend India for doing a good job in promoting economic growth,in maintaining an impressive growth rate despite a global slowdown and is keen on working together to push for reforms in the international financial system to offset the inherent weaknesses." - Chinese Foreign Minister Wang Yi

"India is a bright spot within the BRICs and stands out in a world where economic growth is sparse." - NASDAQ